Witchcraft -高等遊民式暇つぶし術-

地方住まいのサブカル女装男子が、気まぐれに日々思うことを綴ったり、通販で見つけた面白い商品紹介、Twitterでのネタ等ネットサーフィン中心に紹介していきます。 たまに写メも? 「Amazon.co.jpアソシエイト」

このコピペはすごい!

16日、NHK教育の看板番組「つくってあそぼ」で長年に渡りメインキャストを務めている「ワクワクさん」こと久保田雅人氏(47)が、自らが現在の位置につくまでの自伝激白本「僕がワクワクする前」を出版するにあたり、神保町の書泉グランデにてプレス発表会を行った。

久保田氏によれば、小学生まではごく普通の子供として育ったが、中学1年生のときに父母が離婚したことにより荒み、次々と校内で問題行動を起こす不良となった。勉強もできず、高校も学区内の最底辺校へ進み、近所では悪名高い不良となった。その当時を振り返り、久保田氏はこう言う。
「あの頃の僕と今の僕、共通点は1つしかありません。カッターナイフを使うことです。今の僕は工作のためにカッターナイフを使いますが、当時の僕は単車を盗むためか人を傷つけるために使っていました。」

そんな久保田氏だが、高校2年のとき暴行事件にて補導され、少年院へと送られた。自分の行いに反省することもなく、看守に掴みかかるほどのワルだった。しかしそんな久保田氏に転機が訪れた。

「ある日、見たくもないテレビを見せられていたとき、偶然、ノッポさんの出てくる「できるかな」を見たんです。喋らないながらも実に楽しそうに工作をするノッポさんを見て、自分の心の荒み具合を見せつけられた気がしたんです。」

ノッポさんのような人になりたい。その一心で心を入れ替え、勉強に必至に励んだ1年間。無事立正大学に合格。大学生活4年間で教員免許を取得した。当初は教師になるつもりでいたが、やはり「できるかな」のことが頭を離れなかった。
NHKへ必至の就活ラブコールを送ることで、NHKに無事入社することができた。

「本当に奇跡だと思いますよ。たった6年間で人間、ここまで変われるんだ、と思って。今はどんなに辛くひどい生活を送っている人でも、信じて頑張れば必ず道は開ける。そういうことを皆に知ってほしくてこの本を書きました。『なんだよ、子供騙しのオヤジじゃねぇか』と思っている人にも、ぜひ一度でいいからこの本を開いてほしいと思っています。」

このあと、各地の書店にて相方・ゴロリとのインストアライブも予定しているという。詳細の情報は嘘だよばーか




ディズニースマートフォン(iPhone5)ケース ミッキー&ミニー