Witchcraft -高等遊民式暇つぶし術-

地方住まいのサブカル女装男子が、気まぐれに日々思うことを綴ったり、通販で見つけた面白い商品紹介、Twitterでのネタ等ネットサーフィン中心に紹介していきます。 たまに写メも? 「Amazon.co.jpアソシエイト」

【第一回】男の娘が語る煙草コラム 沖縄煙草

さて、ブログの話題として、煙草について語る事にした。

煙草のネタが豊富なので色々と語れるだろう。


第一回は沖縄煙草について!


さて、安い煙草っていうと皆様は何を思い浮かべるだろうか?

わかば?エコー?

200円で買えるゴールデンバットなんかは100年の歴史がある。

煙草の値上げから置く店が増えたきがする。

わかばすら自販にあんまりないイメージがしたが、最近は取り扱いが増え始めた。

ちょっと渋い銘柄だとしんせいなんかも甘くてうまい



しかし、実は沖縄には安い煙草でもっとうまいものがあるんですよ!


240円で買えるバイオレット、250円で買えるうるまっていう煙草がある。

沖縄限定とはいっても、大きい煙草屋に置いてあったりする。

もっとも、東京の大型店まわったが置いてある店の方が少ない。

なにしろ沖縄から取り寄せて注文という形になるので煙草屋さんもそれで利益出すのは難しいんだろうね。


沖縄には何故そんなものがあるのか?実は沖縄にはエコーとわかばは売ってない。これらが代替品なのだ。

だから沖縄の渋い世代はこっちしか吸わない。

昔はハイトーンっていう煙草もあった。セブンスターが300円の時代に250円だからエコーには叶わずともお手ごろだったのだがその話は今度にしよう


日本には元々専売局があったのだが、沖縄は占領下にあったため独自の煙草会社があった。

勿論今は、JTに吸収されたのだが、その名残で残っている


肝心の味なのだがバイオレットはエコーと同じ値段でわかばと同じロングサイズ(基本的な煙草はキングサイズでそれより5mm短い)にも関わらず、外国の珍しい煙草のようなフレーバー煙草に近い。

葉の味は当然落ちるのだが、非常に香りが強く、JTの中では異質というか、一番個性が強いと思う。

洋酒系の香りで、非常に甘い香りがするため安煙草の中でも別格だろう。


一方、うるまはわかばのようなシンプルな味付け。

しかし口当たりはそれよりもスムースで雑身が少ない。万人受けしそうである

タールはわかばより1mg少ないだけなのだが・・・


ちなみに沖縄煙草は包装がちゃんとしてて、本土の安煙草と違ってフィルム包装がしてある。

香りがいいのでありがたいことである